マンガヘンレキ

昔読んだマンガの記憶をかき集めた、思い出ブログです。2018年1月、ブログ再開。

最後どうなったのか覚えてないけど、大好きだった「はいからさんが通る」

週刊少女フレンドといえば、忘れちゃいけないのが、大和和紀の「はいからさんが通る」。
うちが少フレを買い始めた頃には、既に連載が始まってたんじゃなかったかな。
最初の方を読むために、本屋さんに単行本の1巻を買いに行った覚えがあるから。

 

まだ学校で大正時代を習ってなかった頃だから、私ははいからって言葉も知らなかったし、士族や華族といった制度も知らなかった。
女学生のファッションが袴にブーツだし、人力車もまだまだ街中を走ってるし。
描かれているのは、時代劇とも違う、私の知らない昔の日本。
用語や設定を覚えなきゃいけないという点では、ファンタジーを読むのと同じ感覚だったんじゃないかなぁ。


話の筋は、後半に行くにしたがって私の記憶は曖昧で、結局、最後どうなったのか……。

最初の方は、こまごまとしたことまで覚えてるんだけどなぁ。
たとえば、人力車夫が「ちかれたび」って言うコマなんかは鮮明にw
これ、当時の流行語だったんだよね。
栄養ドリンクのコマーシャルだったかな。
いや、そんなことはどうでもいい。
問題は、肝心の少尉の名前は覚えてないってこと!
家同士が決めてしまった結婚相手。
主人公の紅緒が反発する気持ちはよくわかる。
でも、優しくってカッコ良くって、非の打ちどころがないと読者は皆、知っている。
少女の理想のような人。
なのに、名前がっ……!
どうして覚えてないのか。
それは私がずっと「少尉」って呼んでたから。
「しょーい」っていうのが、もう名前のようになっていたんだろう。
(「750ライダー」の委員長さんみたいなもんですよ。)
というわけで、ここでも少尉で通すことにします。
(おひきずりさんとか、酒呑童子とか、どうでもいいことは覚えてるんだけどなぁ……)

 

その少尉は、確か西洋の血が流れてるんだよね。
だから、見た目がほとんど西洋人。
初めの方を読んでる時は思ってもみなかったんだけど、この設定、後に物語に大きくかかわってくることになる。
少尉をちょっとステキに見せるためだけのスパイスだと思ってた?
大間違いですよ。

 

紅緒のお転婆設定だって、そう。
主人公がお転婆なんてありがちだけど、この設定にもちゃんと意味がある。
軍の上官を怒らせてしまうなんて、お転婆ではねっかえりじゃなきゃできないこと。
そこへ颯爽と少尉が助けに来てくれて、あーやっぱり少尉って素敵と呑気に思ってたら、これが大変なことになる。
この件で厄介な人間に目をつけられた少尉は、愚連隊の指揮をとらされ、最前線送りになってしまうのよ。
この上官、もともと少尉の容姿を気に入ってなかったみたいな表現があったと思う。
それでも、少尉の家柄を考えたら、紅緒のアクション抜きで、この展開には持っていけない。
起伏に富んだ物語には、こうしてちゃんと裏付けがされていて、

だからこそ、次の展開、次の展開と少女たちを夢中にさせたんだと思う。

 

この辺りを読んでた時、少尉の許嫁が紅緒じゃなくて環だったら……と私はちょっと考えてしまった。
紅緒の友人・環も少尉のことが好きだったから。
美人だし、家柄もいいし、優秀だし。
彼女なら多分、こんなことにはならなかった。
私の中に、紅緒を責めるような気持ちが芽生えつつあった。
主人公が嫌われたら、そのマンガはもうおしまい。
けど、少尉がいなくなってから紅緒は孤軍奮闘するんですよ。
名家とは名ばかりで、少尉がいなくなった途端、家はガタガタ。
内情はボロボロなのに、少尉の祖父母はお殿様、お姫様気分で経済観念ゼロ。
紅緒は少尉の大切な人たちを養うため、働き始める。
髪の毛をボブにして、「働く女」になった紅緒。
いつの間にか、私は紅緒を応援してた。
作者にうまく誘導されてたのかもしれない。
私は手のひらの上で、作者が思った通りに笑わされて泣かされてたんだろうなぁ。


で、ここから記者になったりして紅緒は大活躍するんだけど、実はこの辺から記憶が曖昧。
米騒動なんかもあった気がする。
そんなこんなで、ロシアの貴族が来日して、
それが少尉そっくりで……。
それでどうなったかに至っては、全く記憶がない。
確か、アニメでも最後までやらなかった気がする。

 

そうそう、アニメ!
当時、私はアニメが始まるのを楽しみにしてた。
好きなマンガがアニメ化されるという経験は初めてだったから。
けど、正直言って、このアニメにはがっかりさせられた。
だって、絵が全然違うんだもん。
大人になった今では、少女マンガ特有の繊細な線をそのままアニメーションにするなんて無理、ってことくらい理解してますよ。
けど、子供にはそんなのわかんない。
だから、「こんなの大和和紀の絵じゃない!」と、とにかく文句ばっかり言ってた。
エンディングでスライドショーみたいに原作の絵が映し出されるもんだから余計に、
「あのイラスト! あれこそが大和和紀の絵だよ! なんで、あの絵をアニメにしてくれないかなー。」となるわけ。
子供は無茶なことを言うよね~。
不平不満を言いつつも、毎週欠かさず見てたんですけどね。
今でも歌を歌えるくらいだし、なんだかんだ言って楽しんでたんだと思うわ。

 

そういえば、歌!
私の記憶の中には2曲あるんだけど。

 ごきげんいかが、紅緒です
 はいからさんと呼んでください
 好きな人には
 素直になれず、悩み多き年頃です

 ↑これと、↓これ。

 もう噂は聞きましたか
 そして、その目で確かめましたか
 びっくりするほどきれいな瞳
 ドッキリするほど溢れるロマン

どっちがエンディングで、どっちがオープニングなのか。
エンディングはしんみりした曲、という思い込みがあるせいか、
どっちもオープニングに聞こえてしまうんだよなぁ。


さて、問題の最終回の話。
アニメの方の最終回の記憶は薄っすら残ってる。
え、ここで終わっちゃうの? ってくらいバッサリ終わったんじゃなかったっけ?
まだマンガの連載が終わってなかったのかなぁ?
でも、私は「少フレ」は買ってた筈だし、マンガで最終回を読ん筈なんだけど、
そっちの記憶が全然ない。
おかしいなぁ。
その後、連載された「ヨコハマ物語」の記憶はあるのに。

 

そうそう、この「ヨコハマ物語」も好きだったなぁ。
これも明治だか、大正だかの話だったと思う。
横浜の貿易商(?)かなんかの女主人の話。
荷を積んだ船が沈んだりと、「はいからさん」に負けず劣らず波瀾万丈な物語だった。
特に好きだったエピソードは、レースの在庫を大量に抱えちゃう話。
主人公は散々頭を悩ませて、ひらめくの。
そうだ、半襟として売り出しちゃおう! って。
知恵を振り絞って、難局を乗り越えるところが、「ヨコハマ物語」の売りだった。
あっ、でも、これも最後どうなるのか覚えてないや。
う~ん……。

イヤホンしながら寝ちゃってた・深夜ラジオの思い出

前回、ラジオについてちょっと書いたら、思い出がよみがえってきて止まらなくなってしまった。
ということで、今回はちょっと脱線して、ラジオの話。

小学高学年くらいから中学くらいまで、私は深夜ラジオに夢中だった。
夢中と言っても、毎日聞いてたわけじゃない。
いや、聞きたかったんだけど、眠くて眠くて。
(最近の子は皆、夜更かしだなぁと思う。
 私なんて、徹夜できるようになったのは高校生になってからだよ。)
そんなわけだから、イヤホンしながら眠ってしまい、朝、ラジオのガーガー音で目が覚める、なんてことがしょっちゅうだった。


まず、夜10時くらいからラジオをスタンバイ。
平日のこの時間、ニッポン放送では3,4時間くらいの長~い番組をやってた。
タイトルは覚えてないんだけど、ジングルっていうのかな、それは覚えてる。
ハタキ~ンのまだ宵の口、まだ宵の口~。
このハタキン部分がクリマンだった気がもするし、つかちゃんだった気もする。
もしかしたら、パーソナリティが変わってたのかも。
文化放送では吉田照美のてるてるワイドという番組だった。
こっちの番組名をキッチリ覚えてるのは、ジングルのおかげかな。
 吉田っ、照美のっ、夜はっ、これから
 興奮、感激、てるてるワイド
 文化放送 ちゃんちゃん
っていうやつ。

どっちの番組も、中に短めの番組が詰まっているという形式。
色んな人が番組を持っていて、その中には興味ない人もいるわけで。
この時間帯を眠らずにどうやって乗り越えるか。
それが難問だった。
ニッポン放送文化放送を行ったり来たりしながら頑張るんだけど、ほとんどこの時間帯で撃沈してたなぁ。
そもそも、興味がある人だったとしても、ラジオが面白いとは限らないから。
よっちゃん(野村義男)も番組を持ってたんだけど、これがまあ面白くないのよ。
当時、たのきんトリオは大人気だったし、私ももちろん大ファンだったんだけど。
なんか、占いのコーナーがあったんだよなぁ。
ロボットが読み上げてますって形をとっていて、まあ、明らかによっちゃんが片言で喋ってるわけなんだけど。
「カニザノヒトハ――」って感じで。
よっちゃんのことは好きだよ? 好きだけど、好きだけどぉぉ……ZZZ

それでもなんとかこの時間を乗り越えたとするでしょ。
しかし、もう一つ関門が!
「大石ゴロウです」という渋い声で始まる番組。
確か、冒頭ポエムみたいなものから始まった記憶が。
けど、この時間帯は最高に眠くて、
なのに、音楽がメインだから、もう……ZZZ

で、これを乗り越えたら、ようやくお目当てのオールナイトニッポンなわけ。
誰の番組を何歳ごろに聞いてたのか、時系列はもうぐちゃぐちゃなんだけど、
一番のお目当てはビートたけしだったと思う。
村田英雄のネタが面白くって(村田英雄をよく知らないくせにね)。

あとは、当時ニューミュージックがブームだったから、中島みゆきとか。
歌とお喋りにすごくギャップがあって、そこが好きだった。
確か、「切れ痔じゃないよ、綺麗な字って意味だよ」と前置きがある「きれじコーナー」というのがあったんだけど、
今でもそれを覚えてるくらいだから、よっぽど面白かったんだと思う。

当時ニューミュージックの人たちはテレビにあんまり出ないから、
ラジオの存在はすごくありがたかった。
特に、松山千春はベストテンにも出ないと宣言していたしね。
その松山千春オールナイトニッポンをやってるんだから、何としても聞かなくてはと思うでしょ、そりゃ。
この番組の中で、2部のパーソナリティを務めてる(確か)キヨスさんという人を紹介してて、それで私は2部の存在を知った。
1部の時間でねむねむなのに、2部まで起きていられるはずもなく、私は1度も聞いたことがないけど。
そのキヨスさんが今度シングルを出すからよろしく~的なことを松山千春が言っていたので、私は素直に買いに行った。
 いつか、僕の知らぬ間に、君は~、
って歌だった。


それでも、まあ、最後まで聞けた日はあまりなかったかな。

夕方のラジオなら、毎週聞けてたんだけどなぁ。
これはもっと小さい頃だったと思うんだけど、夕方、谷村新司のラジオがあったのよ。
青春大通り
ばんばひろふみが相方で、とにかく面白かった。
人気だったのは、ブルースリーの音楽と共に始まる「天才、秀才、バカ」のコーナー。
天才は、○○。秀才は△△。で、バカで落とすという。
あぁ、好きだったなぁ。
この番組を聞いてたからかなぁ、今でもばんばさんのことをバンバンと呼んでしまうのは。

 

高校生くらいになると、生意気にFMを聞くようになる。

FMステーションを買ってた話は、また今度。

 

世間より少し遅れてやって来た、我が家の庄司陽子ブーム

ある日、姉がクラスメートからマンガ本を借りてきた。
それが、庄司陽子の「生徒諸君!」。
その頃、我が家では週刊少女フレンドを買ってなかったから、この大ヒットマンガを知らなかった。
明るい学園ものと見せかけて、シリアスなストーリー。
そんなところが十代女子の心をくすぐったんだと思う。
当然、姉もどハマりした

私はというと、

どんな物語だったか、いまいち覚えてないので、このマンガを読むにはまだ幼かったんだろうなぁ。 
ただ、ところどころエピソードを覚えてる。

 

たとえば、
学校では明るいナッキーが、家では母親から死んだ妹の名前で呼ばれてて、それを学校の友人が知ってしまうシーンとか。

あと、確か、仲間の女の子が暴行されるんじゃなかったっけ?
それで、ナッキーたちが家までお見舞いに行くと、近所のおばさんたちが「あそこのうちのお嬢さんは――」とヒソヒソ話。
被害者なのに、何故後ろ指をさされなきゃいけないのか、とナッキーたちが憤るシーンとか。
今でも強烈に覚えてるくらいだから、子供心にズシリときたんだと思う。

 

少女マンガというと、少女の憧れを詰めこんだふわふわした話が多いと思われがちだけど、
当時は、ヘヴィーな話の方が主流だった気がする。
他の庄司陽子作品もそうだった。
生徒諸君!」にすっかりハマった姉が、この後、猛烈な勢いで過去作品を買い漁るようになるんだけど、どれもずしりと重い話ばかりだった。

 
うちにあった単行本は全部短編集だった。
タイトルを覚えてるのは、ひとつだけ。
「マリオネット」という、確か人形劇団の話だったと思う。
何か悪いことが起きるとき、前兆として耳たぶがチリリとする。
そんな女の子の話。
恋人を見送った際に耳たぶがチリリとして、嫌な予感がした通り、彼は交通事故でかえらぬ人に……。

と、まあ、こんな感じ。
他の作品も、ほとんどがハッピーエンドじゃなかった。

 

受験生の男女が恋に落ちて、駆け落ちしちゃう話、なんてのもあったなぁ。
駆け落ちと言ってもリアルでシビアで、全然ロマンチックじゃない。
兄妹と嘘ついて食堂でアルバイトしながらの、安アパートでの生活は、そりゃあ、最初はおままごとみたいで楽しいんだけど、段々と生活に疲れてきちゃうわけですよ。
不満を抱くようになり、やがてケンカも多くなり……。
そんなところに彼女が「妊娠したかも……」とか言い出して、お金どうすんだよ、と、またひと悶着。
そこへ、ようやく居場所を突き止めたお互いの親が突入してくる。
二人は引き剥がされてしまうんだけど、内心、ホッとしてたりするんだなぁ、これが。
(ちなみに、妊娠はしてませんでした。)

なんか、こう、やるせない話だよねぇ。
これ、本当に少女向けなの? と当時の編集に問いただしたくなるくらい。

 

でもね、しまいには、十代の少女の話でもなくなっちゃうんだから。
タイトルは忘れたけど、産んだ子供を育てられなくて手放してしまった女の話、なんかもあったんだから。
この主人公、生活にゆとりが出てきたんんで、子供を取り戻したいと思い始めるわけ。
それで、子供を育ててくれてる家に行って、直談判。
けど、育ての母親だって、これまで愛情いっぱいに育ててきた娘を今更手放せない。
「あの子の母は私です」と、二人の母は一歩も譲らない。
その時、庭で遊んでた娘が転んだか何だかして泣いちゃうの。
ここで、主人公が取った行動はバッグを漁ってハンカチを取り出すこと。
けど、そんなことやってる間に、育ての母の方は裸足で庭に飛び出してるの。
それを見て、主人公は負けを認めるわけ。

これなんかは、今で言うところのレディースコミックだよね。
完全に少女向けじゃないよね。

でも、大人向けな作品を背伸びして読むのって、必要なことなんじゃないかなぁとも思う。

大人になって振り返って、あれはこういうことだったのかと気づくこともあるわけだし。


あと、もう1本、心に残ってる作品があるんだった。
タイトルは忘れちゃったんだけど、
学校のお昼の校内放送を使って、ラジオのDJみたいなことを始めちゃう女の子の話。
よくラジオでキメの挨拶みたいなのを作ったりするでしょ。
この主人公も「こんにちは」じゃない、新しいお昼の挨拶を作ろうとか言って、
「おひるよう」って言い始めるの。

それが学校中に浸透して、お昼になると、皆して「おひるよう」、「おひるよう」って。

私は「おいおい、おひるようって、何だよそれ」と、小バカにしつつも内心ではこの主人公にちょっと憧れてた。
ラジオって、当時はもっとみんなが聞いてたから。

私だって、小学5年生頃には聞き始めてたくらいだし。
だから、校内放送と言えどもDJをやるなんて、と、羨ましかったんだろうなぁ。
あー、このマンガ、なんてタイトルだったかなぁ。
思い出せないなぁ。