読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マンガヘンレキ

昔読んだマンガの記憶をかき集めた、思い出ブログです。

あの頃の週刊少女コミック その2

このブログを書くにあたって、姉と昔の漫画の思い出を語り合ったりしたんだけれど、記憶を照らし合わせてみて、改めて自分の記憶のいい加減さを実感してしまった。 たとえば、「1番 おみなえしくん」という漫画が週刊少女コミックにあったんだけど、私の記…

あの頃の週刊少女コミック その1

上原きみこから始まって大山和栄まで。これまで子供の頃に読んで好きだった漫画について書いてきたけれど、他にも好きな漫画はまだまだたくさんある。でも、記憶があやふやで……。あんなに好きだったのに……。 たとえば、高橋涼子の「しっかり長男」は単行本ま…

まるで朝の連ドラ 「恋糸車」

私はずっと勘違いしていて、大山和栄の「恋糸車」はプチセブンで連載してたものと思ってた。ちゃんと調べてみたら、どうやら週刊少女コミックだったらしい。(私がプチセブンで読んでたのは「姉妹坂」だった。これも懐かしー!)なので、この「少コミ」カテ…

牧野和子「スキニー やせっぽち」

スキニーって言葉はファッション用語として定着してしまった感があるけど、私がこの単語を初めて知ったのは牧野和子のマンガで、だった。「スキニー やせっぽち」小学生だった私にとって、耳慣れないタイトルだった。 副題に「やせっぽち」とあったので、ス…

トラウマ! 楳図かずお「洗礼」

今、少女漫画誌にホラー漫画が交じってることって、あるのかな。私の子供の頃、週刊少女コミックでは恋愛漫画と一緒に楳図かずおの「洗礼」が普通に連載されていた。「風と木の詩」が連載されてたくらいだし、元々異色作揃いの雑誌だったけど、それでもかな…

意味もわからず読んでいた 竹宮恵子作品

小学校低学年レベルで、どうしてこんな難しい話を読んでたんだろうと、今になって思うけど、私は『ファラオの墓』が好きだった。上原きみこの『炎のロマンス』といい、どうも私は舞台装置の大掛かりな話が好きだったみたい。どのくらい好きだったかというと…

昔も今も変わらない あだち充作品

あだち充の代表作と言えば、「タッチ」でしょうか。私はアニメから入ったクチです。岩崎良美のあの歌は今でも大好き。唐突に出てくる、「星屑ロンリネス」っていうのが謎だったけど。 そんなことより「タッチ」の最大の謎は、南ちゃんは何故たっちゃん派だっ…

上原きみこ「炎のロマンス」

姉が買ってきた「週刊少女コミック」を読ませてもらうのが、子供の頃の私の毎週の楽しみだった。中でも一番好きだったのが、上原きみこの「炎のロマンス」。上原きみこと言えば、代表作に「ロリィの青春」を挙げる人も多いと思うけど、姉が「少コミ」を買い…

始まりは少女コミックだった

物心ついたときにはもう既に、少女漫画が身近にあった。3つ上に姉がいて、彼女が熱心に買っていたから、私の少女マンガ体験は「週刊少女コミック」から始まった。 幼稚園でひらがなカタカナを習ったから、その頃にはもう読み始めてた筈。マンガには振り仮名…