マンガヘンレキ

昔読んだマンガの記憶をかき集めた、思い出ブログです。2018年1月、ブログ再開。

70年代、80年代のジャンプ女子

マンガ雑誌って、どんなに分厚くても、読み終えるのなんて、あっという間。
買ったその日に読み切って、ページを閉じると、もう次の発売日が待ち遠しくなる。
当時の私は、重度のマンガ中毒だったのかもしれない。

 

買ってる雑誌の発売日がどうしても待ちきれないときは、本屋さんに行って単行本を漁ったり。
けど、小遣いには限度があるから、そんなにしょっちゅうは買えないわけで。

 

そんな私のために、近所にあったのが私専用マンガ喫茶

もちろん、そんな昔にマンガ喫茶などという便利なものはありません。
ただの一般家庭。
ただし、その家は店を開けそうなほど大量のマンガ本があったんですよ。

少年マンガしかなかったんだけど、そんなことはマンガ中毒患者にとって大した問題じゃなかった。
名作マンガの単行本がズラリ。
プラス、ジャンプ、マガジン、サンデー、チャンプも揃ってる。
こんな家が近所にあったら、そりゃあ、誰だって入り浸るでしょ。
部屋主不在の時でも、勝手に上がり込んで、私はひたすら少年マンガを読みふけったもんですよ。
(おおらかな時代だなー。)


さて、マンガ誌の最新号が全部出揃ってたとします。
こんな時、何から読む?

 

私は一択で、ジャンプ。
いつも真っ先に手に取るのは、週刊少年ジャンプだった。
ジャンプの絵は彫刻刀で削ったように線がザクザクしてて、荒々しくて、
少女マンガで育ってきた身には、とっつき辛かった筈なのに……。
なのに、何故だか少女マンガに負けず劣らずキラキラして見えたんだよなぁ。
何というのかな、華があるというのかな。
少女向けだろうが、少年向けだろうが、面白いマンガは面白いってことなのだろう。


何歳から何歳頃まで私はあのマンガの家に通ってたのか……。
明確には覚えてない。
ジャンプのギャグマンガ枠、というキーワードで真っ先に思い浮かぶのが、
小林よしのりの「東大一直線」ってことは……。
(ケンベン(試験勉強)してる? 親指大ね。
 とか、好きだったなー。なつかしーなー。)
けど、記憶を深く探ってみると、「トイレット博士」というのが薄っすら思い浮かぶのよね。
ということは、70年代後半~80年代頃だったんだと思う。
私はそんな時代からジャンプ女子だったことになる。

 

でも、不思議。
絵がきれいな分、マガジンやサンデーの方が読みやすかった筈。
それでも、ジャンプが一番好きだったなんて。
順番をつけると、
次が、マガジン。
その次が、サンデーだった。
チャンピオンはちょっと……、子供心にも地味だなーと思ってた(ごめん)

あっ、でも、それぞれの雑誌にお気に入りのマンガがあったんですよ。

 

けど、個別の作品について書き始めると長くなるので、続きは次回に。