マンガヘンレキ

昔読んだマンガの記憶をかき集めた、思い出ブログです。2018年1月、ブログ再開。

アイスホッケーのことは全部「さわやか万太郎」から教わった

前回(投稿したのは1カ月も前だけど)から引き続き、少年マンガの思い出です。


ジャンプ大好き少女だった私。
そのジャンプの中で一番好きだったのが、本宮ひろ志の「さわやか万太郎」。
かっこよかったんだ~、万太郎が。
少女マンガにはいない、男らしい熱血漢。
その上、スポーツ万能。


ストーリー自体が、このスポーツ万能という特性を生かしたもので、
万太郎が色々な運動部に助っ人で駆り出される、という内容だったと思う。
覚えているだけでも、野球とアイスホッケーの試合をやってた。
で、どっちも相手はクズチーム。
反則スレスレ、っていうよりモロ反則なプレイの連続で、チームメイトが次々と痛めつけられていく。
その中には五月ちゃんっていう美少女も入っていて、彼女も容赦なくボロボロにされてしまうのよ。
そこで、どこかの学長じゃないけれど、万太郎の怒りは沸点に達し、相手チームをほぼ一人で無双してしまう、
というのが毎度のパターン。
これが最高にスカッとするの。


ところで、私はアイスホッケーというスポーツをこのマンガで初めて知ったんだけど、
そんな私でも楽しめたのは、万太郎たちも、アイスホッケー何それ?状態だったから。
試合に向けて練習をしようにも、野球と違って何から始めればいいのかもわからない。
そんなところに現れたのが、謎の金髪美女。
彼女がコーチを買って出てくれるんだけど、
まず教えてくれたのが、ブンと両腕を振って、いっぺんにグローブ(?)を地面に叩き落とすこと。
それから、すかさずワン・ツーパンチ(シュッシュッ)。
ひたすらこれを練習させられる。


ブンッ、シュッシュッ、ブンッ、シュッシュッ
けど、これ、一体なんの練習?
と思うでしょ?


実はこれ、乱闘になった時のための練習。
グローブをはめた手で殴っても効かないでしょ。
だから、相手よりも先に素手になれ、ってことらしい。
金髪コーチが言うには、NHLでもコレを真っ先にやらされるんだって。
子供心に私はへぇ~、なるほどねぇ~、と感心してしまった。
その後、誰も訂正してくれないから、私はいまだにコレを信じてる。
アイスホッケーって、まずは乱闘の練習するのよね、と。


でも、こんな特訓をしたというのに、万太郎のチームは相手のラフプレーでボロボロにされてしまう。
当然、女の五月ちゃんだってボコボコです。
そこで万太郎の怒りはどこかの学長のように沸点に(←しつこい)


しかし、万太郎は理不尽な反則を取られてリンクから出されている状態。
その時、何故か、あの金髪コーチが出しゃばってきて、万太郎のリンクインを許可してくれる。
彼女は国際アイスホッケー連盟(?)の会長の娘か何かで、それが一体どんな権限があるのかよくわからないけど、
とにかく万太郎の退場を解いてくれるの。

無事ゲーム復帰となったら、もう万太郎のターンですよ。
孤軍奮闘、敵をやっつけてしまう万太郎。
くぅ~、かっこいい~。


こんなカッコイイ万太郎だから、当然モテる。
でも、本宮作品って「硬派銀次郎」もそうだけど、主人公は恋愛方面にとんと弱い。
女子の気持ちをわかってるんだか、いないんだか。


一番やきもきしたのが、五月ちゃんのいとこの葉月ちゃんが出てきた回。
五月ちゃんに似て超美人。
でも、とんでもない肉食系。
そんな彼女が万太郎に猛アタック。
ちょうど皆で海に行く、水着回
葉月ちゃんがセクシーにグイグイ迫るもんだから、五月ちゃんは分が悪い。
見てるこっちは、ちょっとー、ヒロインは五月ちゃんでしょーとハラハラし通し。
万太郎は鈍いから、このままグイグイ押しきられちゃいそう
と思いきや――

万太郎が五月ちゃんを乗せてゴムボートを漕ぎ出すんですよ。
で、沖に出たところで、五月ちゃんにキス。
女子なんて全然興味ありませーん、って顔してたくせに!
万太郎ってば、実は二人きりになれるチャンスを窺ってたのよ!
このシーン、下手な少女マンガよりきゅんきゅんした。

そんなわけで、小学生時代、私の理想の男子はずっと万太郎だった。